SLOW BIZ  なんとなく、だらだらと自己満足なスタイルで仕事しています…
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
「ウラ技手帳術」
ウラ技手帳術

いよいよ新しい手帳を使い始める直前のワクワクの時期ですね(既に12月から使用している方も多いと思いますが)

この時期、なにかと気になるのが「手帳術」関連の

これまで、さんざん「手帳術」のを読んできた自分ですが、、このは、他の「手帳」とちょっと毛色が違うこともあり、屋で見つけ思わず買ってしまいました。



タイトルからのイメージと違い、ありがちな「メモ術」「スケジュール術」ではなく、あくまでもビジネスであり、「手帳」の本来の目的に原点回帰させてくれる内容です。

「手帳のメモをうまく整理すること」「手帳でうまくスケジュールを回すこと」が主役のテクニック本はたくさんありますが、「手帳術」といいながら、ここまで「手帳が脇役」になっている著書は目新しくあり潔く感じます。


【構成】
第一章 仕事がうまくいくウラ技手帳術
第二章 ウラ技の前にまず基本から
第三章 時間を作り出すウラ技
第四章 商談や仕事を成功させるウラ技
第五章 新しく仕事を生み出すウラ技
第六章 セルフプロデュースのウラ技


内容的は、あくまでも「手帳は目的に立ち返るための道具」とし、仕事を円滑す進める・新しいビジネスチャンスを掴むための仕事術が中心の著書です。

ウラ技というより正攻法も多いのですが、「コロンブスの卵」のようにに、「あっ、その方が理にかなっている」「そのやり方の方がうまくいきそうだ」と思う仕事のすすめ方が、非常に分かりやすい言葉で書かれているため、非常に読みやすかったです。


自分がもっとも参考になったフレーズは、以下の2つです。

・重要なことは、(赤線などで強調するのではなく)後から抜き出す

・(スケジュール調整のコツして)各ミッションの完了条件を決める。優先順位を単純化する。次の次を見据える。


この本を読んでから、自分が来年、手帳を使う上での「目的」と「ルール」が整理され、すがすがしい感じがします。




これから「新しい手帳」を使い始める直前の、この時期、さっと読んでおくといい本ですね。

「手帳」にこだわらず、ビジネス本として営業職や管理職の方にもおすすめだと思います。



面白いほど仕事がうまくいくウラ技手帳術 山口義徳 (Amazon.co.jp)






スポンサーサイト
2009'12'13(Sun)13:43 [ ビジネス ] CM1. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理者の承認待ちです
2012/09/28 21:55  | | # [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://koramataomaeka.blog63.fc2.com/tb.php/107-6d1c8d63
trackback



     


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。